8.22.2011

55. 2011.09.23.fri "Nouvelle Guinguette" @JICOO The Floating Bar (東京湾)


Nouvelle Guinguette

"Guinguette"とは、フランスの伝統的なカフェバー。その格式張らない開放的な空間は、18世紀以降、気軽にお酒や会話、ダンスを楽しめる社交場として、フランスの人々に広く愛されてきた。しかし1960年代以降の近代化の波の中で、徐々にその文化は衰退し、今では古き良き時代を象徴する存在として人々の記憶に刻まれている。

そして21世紀。フランスではこの素晴らしい文化を甦らせようという流れが生まれつつある。しかも、ただそのまま再現するのではなく、よりモダンな、洗練された形で。

今回はそのフランスから、1999年にパリのDJコンテストでベストフランスDJとして2位を獲得し、現在はSimbad、The Procussions、Inverse Cinematicsらを束ねるアンダーグラウンドヒップホップレーベル「FACES RECORDS」を主宰するDJ Pablo Valentinoをゲストに迎える。

日本からは、サンフランシスコを拠点としたCOOLTEMPO CREWのDJ、オーガナイザー活動を経て、帰国後はGADABOUT / Mature / SUPER BURRITO / Musique Patissierなど数々のパーティを主宰してきたDJ HaruAKI、PRIMOやMartinicaなどおなじみのジャズパーティを都内各所でオーガナイズする傍ら、選盤、ライナーノーツ、デザインまでを一人でこなすオリジナリティ溢れるリイシューシリーズの監修など、国内外を問わず良作を追い求めるリスナー達の支持を集めるDJ城内宏信などが質の高い音を提供する。

会場は、松本零士氏による近未来的デザインが話題の船上バー「JICOO The Floating Bar」。

色鮮やかな音楽に包まれた開放的な空間で、美味しいお酒を片手に、友人知人と会話を楽しみながら、時に踊り、時に笑い、そこに流れる時間を楽しむ。日本における新しいGuinguette、"Nouvelle Guinguette"がそこに。


■Date
2011.09.23.fri 18:30-23:00

■DJ
Pablo Valentino
www.facesrecords.com
www.myspace.com/facesrecords

P-Jays
HaruAKI
城内宏信
小林拓磨
高橋雄太
PAO
TOSHIO
小野利大

■Venue
JICOO The Floating Bar
www.jicoofloatingbar.com
*日の出桟橋発着所  19:00 20:00 21:00 22:00
*お台場海浜公園発着所  20:30 21:30 22:30
※お台場海浜公園発着所からの最初の出港は20:30となります(19:30の着岸はございません)。
※最終便は23:00に日の出桟橋帰港となります。

■Charge
フローティングパス(乗船料+エンターテインメント料)
2,500yen
フローティングパスは船から降りない限り乗り放題です。料金には乗船料とエンターテインメント料が含まれます。

■Access
*日の出桟橋発着所
・JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口から徒歩10分。南口改札口から東芝ビル方面へ進み、日の出桟橋出口を出て、海岸通りを横断し右折した左となります。
・臨海新交通ゆりかもめ 日の出駅から徒歩3分
・都営大江戸線・浅草線 大門駅から徒歩15分

*お台場海浜公園発着所
臨海新交通ゆりかもめ お台場海浜公園駅・台場駅から徒歩5分。
※お台場海浜公園発着所にはJICOO The Floating Barのご案内、受付等を出しておりません。出港時刻の10分程前に船員が発着所のゲートを空けに参ります。

■Attention
※船は定刻で出港します。出港時刻の20分前には発着所にお越し下さい。
※全席自由席となります。(お席のご予約は行っておりません)
※アルコールを販売しているため、ドライバーの方や20歳未満の方はご乗船できません。
※ドレスコードがございます。男性のサンダルやショートパンツでのご入店をご遠慮いただいております。
※台風等の悪天候時や機関点検等で、営業を取りやめる場合がございます。




Pablo Valentino
1995年からDJとしての活動を開始。1999年12月 にパリのDJコンテストツアーでベストフランスDJとして2位を獲得して以来、ヨーロッパ中の著名なクラブでプレイ。2002年からは、Simbad、The Procussions、Inverse Cinematicsらを束ねるアンダーグラウンドヒップホップレーベル「FACES RECORDS」を立ち上げ、現在は東フランスのストラスブールを拠点とし、Motor City Drum Ensemble, grooveman Spot(JAZZY SPORT)のリリースで知られるハウスレーベル「MCDE」、さらにKenbun radio showの運営などを行っている。またデザイナー/アーティストとして活動するRyujiro Tamakiによるファッションブランド「PUBLIC IMAGE」の2010/AWコレクションムービーの音楽を、Kidswing名義にて手がける。ジャズやファンク、ブギーやディスコ、ハウスやブロークンビーツなど、全てのジャンルの境界線を取り払い、冒険心を深く掘り下げ、過去~現在~未来へ、新しい音楽を開拓する努力を続けている。
www.facesrecords.com
www.myspace.com/facesrecords



P-Jays
自身の10年間のDJキャリアの中で、音楽イベントオーガナイズ団体 "Co-SESSION" を運営しながら多数の音楽イベントを主催。Pablo Valentinoと組んだマンスリーパーティ "rendez vous" をはじめ、地元フランスにとどまらず、ヨーロッパ各国にまでその活躍の場を広げる。選曲は Soul / Jazz / Funk / Fusion / Broken Beat / Drum & Bass などを中心とし、その確かなセンスと実力により Pablo Valentino、Domu、MCDE、Onra、Soul Sociedad、Steppah Huntah、Oboogieなど著名実力派DJとも共演を果たす。現在は拠点を東京に移して活躍中。
http://cosession.free.fr
http://www.mixcloud.com/gelerpaul/



HaruAKI
'94~'00、サンフランシスコを拠点にCOOLTEMPO CREWのDJ、オーガナイザー活動を展開。帰国後は不定期に GADABOUT / Mature / SUPER BURRITO / Musique Patissier など数々のパーティーを主催する。DJスタイルは確かなセンスとジャンルにとらわれない幅広い選曲で心地よい空間を作りだすDeeJay!!!!!また(Smile in your face)でお馴染みの BOO のオフィシャルDJとしての違う顔を持つ。







城内宏信 Hironobu Jyounai
プリモ、マルティニカなど、おなじみのジャズパーティーを都内各所でオーガナイズする傍ら、 選盤、ライナーノーツ、デザインまでを一人でこなすオリジナリティ溢れるリイシューシリーズの監修など、 国内外を問わず良作を追い求めるリスナー達の支持を集める。自身のプロジェクトPRIMO & THE GROUPEとしての活動では、 2009年ファースト・プロダクションとなるアナログ 7インチ "A Child Runs Free e.p." をリリース。FREESTYLE (UK)『MUSIC FOR JAZZDANCERS』、名門TRAMP (GER)『CONTEMPORARY JAZZ』他、多数のコンピレーションへの収録や、"Gilles Peterson World Wide" をはじめ、著名DJもプレイリストに挙げるなど、国内外のハードディガー達から高い評価を得た。2010年 “March Of The Goober Woobers e.p.”をリリース。Strata East直系のキラー・ジャズ・トラック"SUN"、The Bamboos諸作でもお馴染みのヴォーカリストKylie Auldistをfeat.した豊潤なラテン・ジャジー・ハウス"Tell Me A Bedtime Story"、デトロイト産レア・ファンクのカバー"Why He Had To Go"と同曲のPatchworksによるDJユースなリミックスを収録した待望の新作 “SUN e.p.” を2011年7月にリリース。 パーティ周辺のDJや腕利きミュージシャン、そしてオーディエンスを巻き込みながら、そのささやかな価値観を大きなうねりへと繋げるべく、マイペースに活動中。また、フリーのアートディレクターとしても、企業、個別クライアントのためのブランディング・アイデンティティ開発や、音楽・ファッション関連のアートディレクションなど幅広いフィールドで活躍中。その柔軟でノスタルジーを感じさせる感性が多くの場面で人々の共感を得ている。
http://www.dj-jyounai.net



小林拓磨 Takuma Kobayashi
趣味のSurfin'にインスパイアされた自然体のDJ Styleで、空間にいる全ての人が<飲んで・笑って・楽しめる>選曲と雰囲気作りを大事にしている。ジャンルに固執しないNo Boundary Styleが信条。使用する音源はVinyl Only。BATICA/solfa/JICOO The Floating Barで不定期に活動中。



小野利大 Toshihiro ONO
東京を代表するマンスリージャズパーティ"PRIMO"、またオールジャンルのフリーダムパーティ"渡る世間は音ばかり"でレギュラーDJを務める。"PRIMO"ではジャズをベースとした生音中心の「格好いい」選曲で、"渡る世間は音ばかり"ではアニソンを中心とした「楽しめる」選曲で、それぞれ場を盛り上げるつかみ所の無いDJ。レギュラー以外のパーティも数多くこなし、「空気は読むものではなく創るもの」をモットーに精力的に活動中。
toshihiroono.blogspot.com














JICOO The Floating Bar
毎週木曜日、金曜日、土曜日に現れる船上バー。
日の出桟橋~お台場海浜公園を30分毎に行き来しており、船内では、海抜0メートルの動く東京湾の夜景と、様々なアーティストによるエンターテインメントショーがお楽しみいただけます。
http://www.jicoofloatingbar.com
http://www.youtube.com/watch?v=HuJUFx6SK1M